このたび、山形市小姓町に、「真理子レディースクリニック山形」を新たに開院するはこびとなりました。

 山形で開業医として尽くした祖父の傍らで、「私もこのような温かい医者になりたい」と感じた幼い日。山形の皆様に育てられ、助けられ、ここまでやって参りました。
医師になって18年経った今年、私の中で、潮が満ちた様に、ようやく機が熟しました。 自分ならこうして欲しい、こうあって欲しいということをできる限り取り入れ、建物、診療内容も十分熟考いたしました。 
 私自身、一人の人間としてもさらに心を高め自分を磨きますとともに、これからも日々医師としての技量と人格の向上に努めることを、皆様にここでお約束いたします。
皆様のホームドクター(家庭医)としてお役に立てましたら。と思います。
2005年6月 伊藤 真理子

「産婦人科はちょっとかかりにくい」と悩んでいらっしゃるうちに、受診が遅れ、病状が進んでしまう事はとても多いのです。
 どこよりも受診しにくい科であることは、同じ女性として、とても良くわかります。 そんな気持ちを少しでも拭い、「婦人科デビュー」のお力添えができましたらと、スタッフ一同御待ち申し上げます。
全く初めての、女子学生の方、お産したとき以来、産婦人科はご無沙汰と仰る方、そういった皆様に、是非「婦人科デビュー」をしていただきたいと思っています。 婦人科のホームドクター(家庭医)をもって、女性としての自分の体と上手に一生つきあっていきたいものです。

院長紹介
昭和35年生まれ 
本籍  山形県 (生まれてからこれまでずっとです)
住所  山形県 山形市
家族  夫(整形外科医師)と3人の子供が思春期の入り口です。
          (大学生男子、高校生女子、中学生女子)
     両親は、高校卒業まで山形に住まい、現在は横浜在住
     私のルーツはずっと山形です。
院長 伊藤眞理子
経歴
昭和61年(1986年) 山形大学医学部卒業
   済生会横浜市南部病院で初期研修(産婦人科、麻酔科)後、
   横浜市立大学医学部附属病院に勤務

平成2年(1990年)  山形大学大学院入学
   山形大学医学部附属病院(助手)勤務を経て

平成12年(2000年) 篠田総合病院医長

平成17年6月(2005年) 真理子レディースクリニック山形を開院
専門医
 母体保護法指定医師
 日本産婦人科学会 専門医
 日本医師会 認定産業医
 日本禁煙学会 認定指導医
 日本骨粗鬆症学会 認定医
 日本生殖医学会 会員
 日本女性医学学会 会員
 日本東洋医学会 会員
 サイエンス漢方研究会 会員
 所属学会 各学会につきましてのホームページは「リンク」しております


『クリニック13年を迎えて』
お陰様で6月3日でクリニック開院13年となりました。
ひとえに皆様に支えていただいた御陰と、心より感謝申し上げます。
思いかえせば、いたらない点も沢山あり、心苦しく思う日も少なくありません。
受付時間を短縮したこと。相変わらずお待たせしてしまうこと。寒い中暑い中、玄関が開くのをお待ちいただくこと‥‥…。
これから先も、私達が心及ばない点を、皆様からの御要望、御提案や問題御指摘としてございましたら、クリニック玄関に備えています『メッセージカード』を引き続き御利用の上、御意見をお寄せ下さると幸いです。

今一緒にいるスタッフは、皆長く一緒に過ごしているくれている、笑顔の素敵な優しい方達ばかりです。皆様のメッセージにより私は幾度となく励まされ、クリニックが成長する糧となって参りました 。月に一度木曜日午後にスタッフ全員が集まり暗くなるまで勉強話し合いの場としております。メッセージカードもその場で話し合い、その後の改善につなげております。
今後とも、受診しにくい産婦人科の窓口として成長し続けたいと思っております。

この13年の間に家族も成長しました。小学生だった次女含め、二人の娘はまだまだ学生です。長男は社会人3年目で良医になるべく研修中です。子供達のお弁当作りもようやく卒業しました。

子供達の手が離れると途端に気になるのが両親達です。2月に残念ながら、義父が長患いの末に亡くなりました。父は90歳になりました。2人の母たちは幸い元気でおりますが、もっともっと親孝行したいと考える毎日です。

私自身は、ますます診療と勉強に力を注ぐ時間を増やすことができそうです。
一昨年に骨粗鬆症学会認定医。昨年は日本禁煙学会認定指導医になることができました。参加学会が増え、土曜日の休診などで御迷惑をお掛けし、申し訳ありません。

診療時間変更のアナウンスはホームページに必ずアップ致しますので、来院前に御確認いただけましたら、、、。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
平成30年7月
伊藤真理子